介護事業部

kaigoMain

当社が介護リサイクルを始めた理由

介護福祉用具レンタルというビジネスモデルは破綻しているという現状があります。
介護報酬は介護保険適用により、利用者は各サービスを10%の手出しで利用出来るのですが、介護認定度(要介護・要支援)により利用できたり出来なかったりなどが自治体によって違ったりしています。

もともとは、一番軽いとされる要支援1でも介護ベッドなどはレンタルが可能でした。

そこで、介護福祉レンタル業が一気にビジネスチャンスだということで、事業認定を取りにいき、多くの事業所が誕生しました。

貸し出せば儲かるという仕組みがその当時はあり、とにかく貸し出せという状況になり、利用者も便利だし、手出しが月額2,000円(相場)ならば借りようかなという流れも発生し、多くのベッドが貸し出されました。

しかし、その後介護報酬による支出が圧迫しだし、介護認定が要介護2からしか貸せないという前提が出来たのです。

それにより、要介護1,要支援1,2の利用者は、今まで使っていたレンタルの介護ベッドを取り上げられる羽目になり、一気にベッドが引き上げられました。

各事業所は、在庫していたベッドが一気に戻ってきてしまい、売上もかなりのマイナスとなってしまったことから、どうせ在庫するなら自費で貸し出せという大号令となり、自費レンタルという状況となったのです。

しかし、ベッドのレンタルについては介護報酬の90%が入らないという現状により、多くの事業所は廃業に追い込まれました。

車いすにしても同様です。

しかも、介護認定も厳しくなっており、以前なら要介護2だったのが1になったなどもあるようです。

数字の上では元気になったと喜ぶべきものなのですが、現状は介護報酬を削減するために厳しくなったということなのです。

これからは在宅医療がキーワードとなり、要介護人口も増加の一途を辿り、なお一層ベッドや車いすが必要な状況となります。

介護報酬は人的サービスは絶対確保されるべきであり、福祉用具はレンタルよりもリサイクルという流れが来ています。

多くのご家族は長生きしてほしいと願い、借りるよりも安く購入という選択肢があったほうが良いのではと思い事業化しました。

より良いサービスを目指して頑張ってまいります。

商品

車椅子 介護用ベッド 介護用マットレス
車椅子 kq9632a matto
 車椅子 介護施設様向け マットレス
  病院様向け  
  個人様向け  

介護リサイクル商品新着情報